Industries

STRATEGY

これまでと違う経営アドバイスを受けたい方へ。4つのαをプラスした経営改善計画はいかがですか?

経営計画書作成
+経営改善マニュアル
+モニタリングフォロー
+金融機関交渉
+チームコンサルティング
STRATEGY

CONSULTING

GCAPは経済産業省の認定を受けた「経営革新等支援機関」として、
あなたの経営をサポートする経営コンサルティング会社です。

経営革新等支援機関(認定支援機関)とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、
専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、
公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

認定支援機関の支援を受け、経営改善計画書を作成することで、政府系金融機関からの低利融資等、
様々な経営上の特典を受けることが出来ます。
GCAPでは、公認会計士、中小企業診断士、税理士、行政書士を中心に、福岡、東京、仙台といった拠点から
十数人の登録専門家がチームであなたの会社をサポート致します。
INDUSTRIES

INDUSTRIES

GCAPでは、各県の「経営改善支援センター」を利用することにより、安価(自己負担15万円〜)で、御社の再建計画をスピーディーに作成し、金融機関との返済調整を行います。
計画策定には経験豊富な複数のコンサルタントが参加し、「集合知」を活用した実行可能かつ抜本的な改善計画を、1〜3ヶ月程度で策定、金融機関との合意を行います。

PARTNERS

GCAPでは、公認会計士、弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、行政書士、社会保険労務士といった
いわゆる「士業」を中心に、その他専門コンサルタント等、全国でのネットワークを構築しています。

また、主なパートナーは中小企業庁が実施する認定支援機関理論研修試験及び実践研修試験(会計、財務、税務、コンサルティングを中心とした講習及びテスト)を通過し経験を積んだ心強い専門家ばかりです。
株式会社GCAP代表取締役 藤田事務所 代表
シニアパートナー
公認会計士
税理士,行政書士
シニアパートナー
橋本コンサルティング・オフィス
シニアパートナー
株式会社MASUKO代表取締役
中小企業診断士
パートナーコンサルタント
オフィスエコー代表
シニアパートナー
HIKE行政書士法人 代表社員

飲食店

福岡県 飲食店Uのケース

飲食店Uは、建設業を営むオーナー様が、友人からの相談を受け購入したレトロ風居酒屋でした。
飲食店の経験がないオーナーは、自らが奥様と接客に立ち、一方で調理師を雇い入れ、家族経営的にお店の運営をしていたのですが、毎月の収支を見てみると、何とか従業員の給料は払えているものの、自分たちの取り分はなく、タダ働きのような感じ。
どうしたものかなと当社に相談があり、経営診断/支援を行うことになりました。

以下、弊社が行った改善手法の一部をご紹介します。

  1. 販売管理
    U店では、テーブルごとに手書きの伝票(市販の一般的なものです)を書き、レジで精算を行っていたのですが、伝票に記入する情報を増やすことにしました。具体的には、
    ①男女の別、人数、リピーターか否か、リード(何を見て来店したか)
    ②ドリンク/フードの別
    ③入店時間、退店時間
    程度のものです。
  2. 分析
    前記の伝票を1ヶ月分集計し、様々な角度から検証を行いました。例えば、
    ・滞在時間と売上高の対比
    ・ドリンク/フードの割合と、男性/女性の割合の散布
    ・商品別原価の分析
    ・新規/リピーターの滞在時間、利用金額、フード/ドリンクの別
    ・曜日別の売上高、来客傾向
    などになります。
    これらのデータから仮説を立て、検証を行います。例えば、
    ・販売実績から拾い出されるメニューの組み合わせについて、高利益の商品を潜ませる
    ・天候により来客数が変動するので、常連客のコミュニティ(SNS)を作り、天候に応じ割引情報を発信
    ・店休日の設定も、売上傾向から設定(ムダな光熱費等の削減)
    などといったものです。
  3. PDCAサイクル
    上記のようなデータ採取/検証を繰り返すことで、自然発生するPDCAサイクルと、月次決算(たとえ零細企業であっても必ず行うべき)とを対比し、プランの成功/失敗から、次のアクションプラン(継続/廃止/新規)を作成、検証を行う。

上記のようなサイクルでコンサルティグを行うことで、U店では毎月の利益を確保することが出来るようになり、当初の目的を達することが出来ました。
また、このケースでは、個人商店であり、高額な顧問料は払えないという内容から、当社としては1ヶ月に1度のミーティングと方向指示を行うに留め、基本的には当社が最初に作成した方針及びプランに従い、お客様自身で作業を行って頂き、我々はレビュー/分析のみを行うという方針で関与させていただきました。

結果、採算を確保したU店とは友好的に顧問契約を完了し、現在も元気に経営を続けておられます。
当社としても満足の行くイグジットを行うことが出来、現在では顧客の立場からU店に貢献させて頂いております。