Industries

STRATEGY

これまでと違う経営アドバイスを受けたい方へ。4つのαをプラスした経営改善計画はいかがですか?

経営計画書作成
+経営改善マニュアル
+モニタリングフォロー
+金融機関交渉
+チームコンサルティング
STRATEGY

CONSULTING

GCAPは経済産業省の認定を受けた「経営革新等支援機関」として、
あなたの経営をサポートする経営コンサルティング会社です。

経営革新等支援機関(認定支援機関)とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、
専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、
公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

認定支援機関の支援を受け、経営改善計画書を作成することで、政府系金融機関からの低利融資等、
様々な経営上の特典を受けることが出来ます。
GCAPでは、公認会計士、中小企業診断士、税理士、行政書士を中心に、福岡、東京、仙台といった拠点から
十数人の登録専門家がチームであなたの会社をサポート致します。
INDUSTRIES

INDUSTRIES

GCAPでは、各県の「経営改善支援センター」を利用することにより、安価(自己負担15万円〜)で、御社の再建計画をスピーディーに作成し、金融機関との返済調整を行います。
計画策定には経験豊富な複数のコンサルタントが参加し、「集合知」を活用した実行可能かつ抜本的な改善計画を、1〜3ヶ月程度で策定、金融機関との合意を行います。

PARTNERS

GCAPでは、公認会計士、弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、行政書士、社会保険労務士といった
いわゆる「士業」を中心に、その他専門コンサルタント等、全国でのネットワークを構築しています。

また、主なパートナーは中小企業庁が実施する認定支援機関理論研修試験及び実践研修試験(会計、財務、税務、コンサルティングを中心とした講習及びテスト)を通過し経験を積んだ心強い専門家ばかりです。
株式会社GCAP代表取締役 藤田事務所 代表
シニアパートナー
公認会計士
税理士,行政書士
シニアパートナー
橋本コンサルティング・オフィス
シニアパートナー
株式会社MASUKO代表取締役
中小企業診断士
パートナーコンサルタント
オフィスエコー代表
シニアパートナー
HIKE行政書士法人 代表社員

建設業

株式会社Tの例

祖父の代から3代続いてきた業歴40年の建設工事業。

東京の下町で、大手ハウスメーカーの下請け工事を請け負っている社員6名の小規模企業です。

一向に景気が上向かない中、これといった対策も打ち出せず、5年前から収益が漸減し続けていました。

「今が耐え時!頑張っていればそのうちきっと良くなる・・」
という社長の希望的観測で元請けからの値下げ要請を安易に受け入れ、それなりに忙しいものの手元資金が常に不足し、経理担当の奥様と衝突する毎日でした。

しばらくは個人金融資産を取り崩したり、法人契約の生命保険を払済保険に変更するなどして資金手当てしていましたが、徐々に借入金が増加し、資金繰りの問題が顕著になってきました。

「もう会社を閉じるしかないのか・・」
「でも今止めたら借金だけが残るので、個人破産も覚悟しないといけないし・・」
「家族や社員の生活のことを考えると、止めるに止められない・・」
「自分の代で会社を潰したくない。何とか生き残る方法はないだろうか?・・」

そんな悶々とした日々が続き、思い悩み、元気がなくなる社長。
見るに見かねた奥様が、社長を伴って当社に相談に来られました。

当社では、こうした窮境状態を脱するため、ます決算書をビジュアル化して数字に疎い社長に自社の財務状態を理解してもらいました。

次にどんぶり経営からの脱却を図るため、管理会計制度を導入し、工事別・顧客別の原価管理を徹底指導しました。

これにより自社の収益力の源泉となる強みは、「同業他社がやりたがらない高い技術力を要する工事に応えられること」であることが判明し、従来の元請け重視の売上拡大志向を止め、小規模工事でも確実に利益の出る工事のみを受注する利益志向の経営方針に転換することにしました。

そして経営方針と計数計画、行動計画を経営改善計画書に記して金融機関に提出し、その後定期的に試算表や資金繰り表等を提出することを約すことで、借入金のリスケジュールに成功しました。

当社の新しい方針を聞いた元請会社は始め、取引縮小など厳しい圧力をかけてきましたが、次第に当社の技術力が他社よりも高いものであることを認識するようになりました。

それに応じて当社の価格交渉力が向上し、是々非々で仕事の受注を選択することができるようになり、収益や資金繰り状況を改善することができました。
下請け体質から脱出することができたのです。

「この前、久しぶりに社員に賞与を支給することができ、とても喜んでもらえました。来月は、夫婦でのんびり国内旅行に行ってきます!」と報告に訪れた社長夫妻の笑顔がとても印象的でした。