Industries

STRATEGY

これまでと違う経営アドバイスを受けたい方へ。4つのαをプラスした経営改善計画はいかがですか?

経営計画書作成
+経営改善マニュアル
+モニタリングフォロー
+金融機関交渉
+チームコンサルティング
STRATEGY

CONSULTING

GCAPは経済産業省の認定を受けた「経営革新等支援機関」として、
あなたの経営をサポートする経営コンサルティング会社です。

経営革新等支援機関(認定支援機関)とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、
専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、
公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

認定支援機関の支援を受け、経営改善計画書を作成することで、政府系金融機関からの低利融資等、
様々な経営上の特典を受けることが出来ます。
GCAPでは、公認会計士、中小企業診断士、税理士、行政書士を中心に、福岡、東京、仙台といった拠点から
十数人の登録専門家がチームであなたの会社をサポート致します。
INDUSTRIES

INDUSTRIES

GCAPでは、各県の「経営改善支援センター」を利用することにより、安価(自己負担15万円〜)で、御社の再建計画をスピーディーに作成し、金融機関との返済調整を行います。
計画策定には経験豊富な複数のコンサルタントが参加し、「集合知」を活用した実行可能かつ抜本的な改善計画を、1〜3ヶ月程度で策定、金融機関との合意を行います。

PARTNERS

GCAPでは、公認会計士、弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、行政書士、社会保険労務士といった
いわゆる「士業」を中心に、その他専門コンサルタント等、全国でのネットワークを構築しています。

また、主なパートナーは中小企業庁が実施する認定支援機関理論研修試験及び実践研修試験(会計、財務、税務、コンサルティングを中心とした講習及びテスト)を通過し経験を積んだ心強い専門家ばかりです。
株式会社GCAP代表取締役 藤田事務所 代表
シニアパートナー
公認会計士
税理士,行政書士
シニアパートナー
橋本コンサルティング・オフィス
シニアパートナー
株式会社MASUKO代表取締役
中小企業診断士
パートナーコンサルタント
オフィスエコー代表
シニアパートナー
HIKE行政書士法人 代表社員

医療・介護・クリニック

A歯科医院の例

茨城県にあるA歯科医院は個人医院としては比較的大きく、診療台は8台、ドクターは院長含めて2人、歯科衛生士は5人、受付・助手が2人、クリーニングスタッフが1人と常勤スタッフだけで10人いました。さらに週2回非常勤でフリーの歯科衛生士が勤務し、学生アルバイトも3人いました。

A歯科医院は地域の評判もよく、いつも人であふれ、とても繁盛しているように周りからは見えました。
院長はじめ各スタッフは勉強熱心で休診日の日曜日も必ず誰かがどこかの勉強会に参加して、月曜日に報告しあうという勉強熱心な医院でした。

ところが医院の成長とは裏腹にいつも資金が忙しいのです。
成績連動のボーナスによりスタッフのモチベーションは高いのですが、ボーナスを払ってしまうと時々赤字になります。それでも、地域の患者様のために常に最新の機器をそろえ、治療機器も滅菌システムも他の医院がうらやむ充実ぶりでしたので、年々銀行借入が増えていきます。

ある程度の利益は税金を払うとほとんど残りません。顧問税理士もメインバンクも介入するほど経営状況が悪化しているわけではないという判断から、そのまま放置していました。

そんなときに事件は起きました。
院長の代わり、この人の言うことは院長の意見とまで言われていたコンサルタントに全スタッフが反旗を翻したのです。

一気に5人のスタッフが退職を申し出ました。
その退職金を支払うために銀行に新たな借り入れを申し込んだときに院長は現実を思い知りました。
「もうこれ以上借りられない」

メンテナンスの患者さんも多いクリニックだったため、人不足で今後の収益改善の見通しも立ちません。
借入も設備投資を毎年重ねてきたために、何がいつまでに返済なのか整理できていません。
税理士の顧問料も最低限で契約していたため、相談にのってもらえないし、そもそも資金調達に関しては専門外だと言われてしまいました。

もう八方ふさがりです。・・・・・・

当社ではこのようなクリニックのサポートとして「公的な仕組み」を利用して、最低限(30万円~)の負担で経営改善計画書を作成し、銀行交渉、リスケ等による再建支援を行っています。
当社の経営改善計画書には「実行マニュアル」が付属しており、従来の「つくって終わり」の計画書ではなく、「自力で再生できる計画書」になっております。

ご相談はこちら