Strategy

STRATEGY

これまでと違う経営アドバイスを受けたい方へ。4つのαをプラスした経営改善計画はいかがですか?

経営計画書作成
+経営改善マニュアル
+モニタリングフォロー
+金融機関交渉
+チームコンサルティング
STRATEGY

CONSULTING

GCAPは経済産業省の認定を受けた「経営革新等支援機関」として、
あなたの経営をサポートする経営コンサルティング会社です。

経営革新等支援機関(認定支援機関)とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、
専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、
公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

認定支援機関の支援を受け、経営改善計画書を作成することで、政府系金融機関からの低利融資等、
様々な経営上の特典を受けることが出来ます。
GCAPでは、公認会計士、中小企業診断士、税理士、行政書士を中心に、福岡、東京、仙台といった拠点から
十数人の登録専門家がチームであなたの会社をサポート致します。
INDUSTRIES

INDUSTRIES

GCAPでは、各県の「経営改善支援センター」を利用することにより、安価(自己負担15万円〜)で、御社の再建計画をスピーディーに作成し、金融機関との返済調整を行います。
計画策定には経験豊富な複数のコンサルタントが参加し、「集合知」を活用した実行可能かつ抜本的な改善計画を、1〜3ヶ月程度で策定、金融機関との合意を行います。

PARTNERS

GCAPでは、公認会計士、弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、行政書士、社会保険労務士といった
いわゆる「士業」を中心に、その他専門コンサルタント等、全国でのネットワークを構築しています。

また、主なパートナーは中小企業庁が実施する認定支援機関理論研修試験及び実践研修試験(会計、財務、税務、コンサルティングを中心とした講習及びテスト)を通過し経験を積んだ心強い専門家ばかりです。
株式会社GCAP代表取締役 藤田事務所 代表
シニアパートナー
公認会計士
税理士,行政書士
シニアパートナー
橋本コンサルティング・オフィス
シニアパートナー
株式会社MASUKO代表取締役
中小企業診断士
パートナーコンサルタント
オフィスエコー代表
シニアパートナー
HIKE行政書士法人 代表社員

事業承継

日本の経営者の平均年齢は60歳を超えています。そしてその9割の企業が事業承継を「経営課題」として認識しています。しかしながら、その6割は「事業承継を計画的に進めていない」という現実があります。

その理由の第1位は「まだ譲る予定がない 46.8%」です。
60歳を超えても譲る予定はないのです・・・

その一方、事業承継で苦労したこと(していること)の第1位は「後継者育成 61.9%」です。
後継者が1年や2年で育たないことは世の賢明な経営者たちはわかっているはず・・・
(株式会社帝国データバンク 「事業承継に関する企業の意識調査」2013より)

つまり、事業承継が旬のテーマとなっていて事業承継への取り組みは大事だとほとんどの会社が認識しているにもかかわらず、社長が高齢になってもまだ会社経営を譲る予定がなく、後継者育成にも苦労するなどなかなか事業承継の取り組みが進まないということです。

これはなぜでしょうか?
理由は単純に経営者も後継者も「何をしたらいいかわからない」からです。優れたベテラン経営者でも「事業承継」は初めてのケースがほとんどです。ましてや後継者は不安だらけです。

ところがこのようなことを専門家に相談すると今一つスッキリしないという経営者や後継者の声をよく聞きます。

・自分の本当の悩みに応えてもらえない。
・親身になってもらえない。
・専門的な方法論は教えてくれるが、大きな方向性についてのアドバイスがない。
・譲る側の視点ばかりで、受け取る側の後継者の視点が抜けている。
・事業承継と経営の可能性を広げてくれない。
・事業承継の話をしたら暗くなる・・・

事業承継というのは単なる「社長交代」ではありません。
全体像を見てみると大きく5つのフェーズに分かれます。

1.後継者選択 
受け身である後継者が自らのキャリアを振り返り継ぐ意思があるのか確認する

2.後継者確定
数ある選択肢の中から一つに絞り込み、後継者が徹底した現状把握の末に覚悟が決まっていく

3.社長交代
代表権の受け渡し、株式移転は既に終わっている状況、相続対策もほぼ終わっている

4.後継者経営
理念の見直し、従業員の掌握、事業計画の見直し、経営組織づくり

5.次世代経営
結果を残し、真の経営者となり新たな価値を創造する

上記の通り、事業承継において経営者の関わる部分が非常に少ないのがお分かりでしょうか。
事業を承継して軌道に乗せ、世の中に新しい価値を生みだすのは「後継者=次の経営者」です。

一番危険なパターンは
「経営が立ち行かなくなって、とりあえず事業承継して、後継者に丸投げ」
という形です。

このような懸念が少しでもあるようなら、まず当社にご相談ください。
数あるソリューションの中から最適なものをご提案させていただきます。

ご相談はこちら