Column

STRATEGY

これまでと違う経営アドバイスを受けたい方へ。4つのαをプラスした経営改善計画はいかがですか?

経営計画書作成
+経営改善マニュアル
+モニタリングフォロー
+金融機関交渉
+チームコンサルティング
STRATEGY

CONSULTING

GCAPは経済産業省の認定を受けた「経営革新等支援機関」として、
あなたの経営をサポートする経営コンサルティング会社です。

経営革新等支援機関(認定支援機関)とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、
専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。

具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、
公認会計士、弁護士等が主な認定支援機関として認定されています。

認定支援機関の支援を受け、経営改善計画書を作成することで、政府系金融機関からの低利融資等、
様々な経営上の特典を受けることが出来ます。
GCAPでは、公認会計士、中小企業診断士、税理士、行政書士を中心に、福岡、東京、仙台といった拠点から
十数人の登録専門家がチームであなたの会社をサポート致します。
INDUSTRIES

INDUSTRIES

GCAPでは、各県の「経営改善支援センター」を利用することにより、安価(自己負担15万円〜)で、御社の再建計画をスピーディーに作成し、金融機関との返済調整を行います。
計画策定には経験豊富な複数のコンサルタントが参加し、「集合知」を活用した実行可能かつ抜本的な改善計画を、1〜3ヶ月程度で策定、金融機関との合意を行います。

PARTNERS

GCAPでは、公認会計士、弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、行政書士、社会保険労務士といった
いわゆる「士業」を中心に、その他専門コンサルタント等、全国でのネットワークを構築しています。

また、主なパートナーは中小企業庁が実施する認定支援機関理論研修試験及び実践研修試験(会計、財務、税務、コンサルティングを中心とした講習及びテスト)を通過し経験を積んだ心強い専門家ばかりです。
株式会社GCAP代表取締役 藤田事務所 代表
シニアパートナー
公認会計士
税理士,行政書士
シニアパートナー
橋本コンサルティング・オフィス
シニアパートナー
株式会社MASUKO代表取締役
中小企業診断士
パートナーコンサルタント
オフィスエコー代表
シニアパートナー
HIKE行政書士法人 代表社員

金融機関が語る「経営者が融資を受ける前に知っておくべきこと」

パートナーコンサルタントの児玉秀人です。

お金を借りたい!そう思ったとき、どのような準備が必要なのでしょうか?
決算書、信用ある人からの紹介、事業計画書など・・・いろいろありますが、中小企業を支援しているある信用金庫さんがおっしゃっていた興味深いお話をシェアさせていただきたいと思います。

皆さん、金融機関とのお付き合いは得意でしょうか?

「銀行は晴れているときに傘を貸し、雨が降ったら取り上げる」などと言われ、何だか苦手だなと思われる経営者の方も少なくありません。昨今では「倍返しだ!」みたいなテレビドラマの影響もあって、何だか怖いところのイメージもありますよね。

しかし、本来金融機関というのは事業において大切なパートナーです。

あなたの事業を客観的に分析し継続的に社会に価値を生み出せるように、わかりやすく言うと儲かるように、もっとわかりやすく言うと「ちゃんと金利を払って期限通りに返済してくれる」ように必死にお手伝いしたいと思っている人たちです。決して敵ではありません(笑)

話は少しそれますが、創業の時によく聞く話で

「銀行で法人口座をつくろうとしたら、犯罪者を見るような目で見られて断られた!」
「すごくめんどくさそうに対応されて、キレそうになった!」

こんな話があります。

なぜこんなことが起こるかというと、理由があります。
これは小さな会社を創業するときに都銀、いわゆるメガバンクに行った時の話です。

ざっくりですが金融機関の中ではこんな区分けがあります。

都銀 大手企業担当
地銀 地元の大手、及び中小企業担当
信用金庫、信用組合 中小及び零細企業担当

つまり担当が違うので信用金庫等の方が親切に対応してくれるわけです。
もちろん、業績が好調で儲かってくればメガバンクも相手にしてくれますが・・・

こんなこと金融機関の人は絶対に言えませんけど、客層は選んでいます。

特に最近では銀行口座が犯罪に使われることを恐れて、メガバンクでは「個人で開設した口座が既にあって身元のしっかりした方」でないと審査もしてくれないそうです。

話が少しそれましたが
その中小零細に親切な信用金庫の方と融資の審査基準についてお話した時のことです。

融資の交渉がうまくいくケースはどんなケースですか?
と質問したところ

「事業計画がしっかりしているところは大体うまくいきます」
「事業計画がぼやっとしているところはかなり厳しいですね」
と教科書通りのお答えだったので、

でも、良い事業計画でも厳しい評価を受けることもありますよね?
と突っ込んでみました。

すると、
「正直、個人の信用以上に貸すというのはかなりハードルが高いんですよ・・・」
という回答が返ってきました。

これが中小零細企業に対する融資の本質のようです。

赤字のうちの会社ではどうすることも出来ない!
これを打開するにはどうするか?

このような相談を弊社ではお受けしております。

ご相談はこちら